心理カウンセラーのカウンセリングを受けました。

私は、3年前に自分ではどうすることもできないような精神不安に悩まされ、夜も良く眠れず苦しい時期がありました。
うつ病にはなっていませんでしたが、うつ病一歩手前であったことは間違いありません。
苦しいときというのは、自分の悪いサイクルの考え方からなかなか抜け出すことができず、どんどん悪い方向に考えていって、どんどん落ち込んでいくものなんだと。
身をもって深く思いました。
苦しい気持ちは増すばかりでした。
そんなときに友人(アメリカ人)から、いただいたアドバイスが、心理カウンセラーのカウンセリングを受けてみたら?ということでした。
心理カウンセリング?私は戸惑いました。
心理カウンセリングは日本ではあまりなじみがなく、カウンセリングを受けるというjことが、かなり特殊なことに思い、抵抗があったからなのです。
それでも、日々の苦しみから何とか前に進みたいという気持ちが後押ししてくれ、ある心理カウンセリングを受けてみました。
心理カウンセラーの方は、その道のプロです。
初対面から、私を受け入れてくれるという安心感を感じることができ、私はいろいろな話を泣きながらしました。
すると、どうでしょうか?びっくりすることに、心が少しずつとはいえ、軽くなっていったのです。
それから5回のカウンセリングを受け、今に至りますが、今はあのときに思っていた悩みからは解放されています。
悩みから立ち直るのは自分自身です。
カウンセラーがそれを解決してくれるのではありませんが、カウンセラーは客観的に自分が立ち直るための気づきを与えてくれます。
もし、あなたが何かの悩みを抱えているのであれば、心理カウンセラーを検討してみるのも良いかもしれません。